契約までの流れ

 

① 見学(まずは、見て内容を把握する)

             ⇓

② 主治医や家族と相談する

             ⇓【担当医・家族の許可が出たら】

③ 体験(数週間~数ヶ月かけて体験していただき、自分が

    指定した曜日に、来れるかチャレンジしていただきます。)

  【この間は、契約ではないので、工賃は発生しませんが、配食を

   利用される方は、費用(360円~460円/食)を徴収いたします。】

             ⇓

④ 体験者・施設 双方で問題がなく、再度担当医に確認して

  いただき、了承が得られれば

             ⇓

⑤ 居住地の役所に申請をし、障害福祉サービス受給者証の

   発行をしてもらう

             ⇓

⑥ 契約手続き(利用契約書・重要事項説明書等の作成)

  【体験者・保証人、施設側で契約を締結します。】

             ⇓

⑦ 面談 (個別支援計画・フェイスシート作成のため)

             ⇓

⑧ 契約利用者になります。

 

※契約までに用意していただく書類等

 ・ 事前アンケート(当施設の用紙に記入)
 ・ 医師の意見書(当施設の用紙にて、記載していただく【費用は本人負担】)
 ・ 障害者手帳(内容把握のため)

 ・ 障害福祉サービス受給者証

   (これを取得していただかないと契約が出来ません。)

    契約利用者になると、

    ・ 年に2回程度、個別支援計画を、家族にも同席して

      いただき、面談の上作成します。

    ・ 原則、施設の事業のイベントに参加していただきます。 

             (販売イベントに限り、別途、工賃が発生します。)

    ・ 利用者会議に出席できる。